2010年04月18日

春をさがしに…伊吹山北尾根

東京で記録に並ぶ雪が降ったという寒さの中、お花たちの様子をみに念願の北尾根に行ってきました。

日時:2010年4月17日(土)
場所:伊吹山北尾根
メンバー:SMZ、KNS、TKO、NKZ

前夜は冷たい雨。予定を変更して早朝発。
でも天気はもちろん晴れ!だってハレオ様がついているんだもの!
ほらっ、ね。
雲がどんどん流れて行きました。
目指す伊吹山。
2010_0417_081053-DSCF2857.JPG
冷たい雨は、山では雪でした。

10:10 国見峠発
峠の駐車場の手前に雪が。今年は遅いね。
2010_0417_100415-DSCF2863.JPG

あれ?ひとり増えてる?なんとKDR氏。なんじゃあ一緒に行こう。
2010_0417_100622-DSCF2865.JPG

ほんとに雨が多くて寒くて、まだゆるんでない。
でもちょこっと顔を出しはじめてました。
2010_0417_101758-DSCF2869.JPG
      <イワウチワ>
2010_0417_103253-DSCF2873.JPG
  <ネコノメソウ>

国見岳〜大禿山〜御前峰
2010_0417_104900-DSCF2878.JPG
登っては下りをくりかえす。

足元の春に注意しながら。
2010_0417_111148-DSCF2881.JPG
    <ニリンソウは葉っぱだけ>

2010_0417_123158-DSCF2891.JPG
  <ひとつだけみつけたカタクリのつぼみ>

2010_0417_111243-DSCF2883.JPG
   <白いお花…名前は…?>

2010_0417_130005-DSCF2898.JPG
      <バイケイソウもまだまだ>

2010_0417_134119-DSCF2906.JPG
     <みつけた!フキノトウ>

13:50 ドライブウエイの駐車場まであと1kmというところでUターン
風が強くて冷たい。さっさと戻りましょ。
2010_0417_134757-DSCF2908.JPG

足取り軽く。
2010_0417_152904-DSCF2920.JPG

あっ、咲いてる。昼からちょっとあったかくなったから?
2010_0417_160946-DSCF2925.JPG
        <カタバミ>
この花の名前を覚え方をTKOさんは…とても言えません。

景色いいなぁ。気持ちいいなぁ。
2010_0417_161627-DSCF2927.JPG

サクサク下る。
2010_0417_162605-DSCF2930.JPG

雪のトラバース(トラロープあり)。
2010_0417_163423-DSCF2931.JPG

やっぱりあったかくなったので開いてる。
2010_0417_164335-DSCF2938.JPG

撮影中
2010_0417_164539-DSCF2946.JPG
     

いたいた。
2010_0417_170252-DSCF2952.JPG
      <ショウジョウバカマ>

17:10 国見峠着

あと1〜2週間したらお花もたくさん咲いてくるでしょうね。
楽しみだなぁ。

さて第2ステージに向けて、いそいそ移動。
春をいただく!
2010_0417_184722-DSCF2958.JPG
       <ギョウジャニンニク>
2010_0417_185917-DSCF2960.JPG
       <フキノトウ>

うんめぇ!
2010_0417_185526-DSCF2959.JPG

デザートまでしっかりいただきます。
2010_0417_201718-DSCF2961.JPG

ごきげんなディナー。
もちろん腕を振るったのはSMZシェフ。
(☆☆☆)
2010_0417_184346-DSCF2957.JPG

ごちそうさまでした。

麓ではちょうど桜が満開でした。
2010_0418_075738-DSCF2962.JPG


ほらほら山にも春ですよ。








posted by 泉州太郎 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年04月12日

御在所岳に春

雪が解けて、桜が咲いて・・・先週4日には、1年7か月ぶりに藤内小屋も再開。
御在所岳にうれしい春がやってきていました。

日時:2010年4月10日
場所:御在所岳裏道登山道〜前尾根・一の壁
メンバー:KKD、NKZ

前夜、どこまで入れるか??とスカイラインを進んでいくと…おぉ!ゲートは開いていました。
暗闇に浮き立つ満開の桜に招かれるように駐車場へ。

6:15 駐車場発
入口の地図を見ると、かなり大きな堰堤が作られるようです。
しっかりとしたフェンスで工事用道路が封鎖されていました。
2010_0410_062029-DSCF2769.JPG

登山道を道標に従って進みます。
道がきれいに整備されています。丸太の切り口がまだ白い。
2010_0410_062412-DSCF2772.JPG

眺めがいい。
2010_0410_062720-DSCF2774.JPG

本当に大きな規模の堰堤ができそう。
2010_0410_062739-DSCF2775.JPG

つづら折りの坂を下って川原へ。
2010_0410_062840-DSCF2776.JPG

右手に堰堤建設現場。日向小屋跡だ。(なんもなくなってる)
2010_0410_062956-DSCF2779.JPG

すぐに、七の渡し。
2010_0410_063001-DSCF2780.JPG

あっ、ショウジョウバカマ。
2010_0410_063141-DSCF2783.JPG

四の渡しを渡る。(どきどき・・・どうだろか?)
2010_0410_063249-DSCF2786.JPG

あっ、でてる!水が出てる!
2010_0410_063333-DSCF2787.JPG
土砂災害で埋もれてしまって、もうだめかと思っていたのに・・・!
格別においしかったー。
花も咲いてる。
2010_0410_064053-DSCF2788.JPG
          (アセビ?)

そして藤内小屋へ。
2010_0410_064309-DSCF2789.JPG

煙は出ていたが、静かだった。
2010_0410_064532-DSCF2791.JPG
お水をいただいて出発。
前尾根がガスの中に。
2010_0410_065525-DSCF2792.JPG

7:30 前尾根
〈P7〉
2010_0410_075825-DSCF2798.JPG

2010_0410_091417-DSCF2802.JPG

〈P6〉
2010_0410_094342-DSCF2806.JPG

今日もチムニーを越えて
2010_0410_095644-DSCF2807.JPG

〈P5〉
2010_0410_111549-DSCF2812.JPG

〈P3〉
2010_0410_121115-DSCF2814.JPG

登り終えたところで終了。
他パーティがそのまま下って行くので、沢に向けて下降することに。
2010_0410_133042-DSCF2817.JPG

土砂災害の影響があったのではと心配したが、以前と同じルートで下りることができました。
(浮き石に注意)
2010_0410_134456-DSCF2822.JPG
(上部中央のやぐらから一枚壁の左側を下りてきた)

裏道登山道に合流し、次は一の壁へ。
〈2ルート〉
2010_0410_144127-DSCF2828.JPG

〈3ルート〉
2010_0410_155522-DSCF2829.JPG

〈1ルート〉
2010_0410_172614-DSCF2831.JPG

17:45 春を感じて終了。
2010_0410_173458-DSCF2834.JPG
          (マンサク)

ヘッドランプをポケットに下山。

18:35 藤内小屋
タローがお出迎え。(写真右下)
2010_0410_184249-DSCF2843.JPG
小屋には明かりが灯り、中からは明るい笑い声が。
うれしく、ほこっとなりました。
・・・よくぞここまで・・・またお世話になります。よろしくお願いします。

19:15 駐車場
次は、シロヤシオが満開の頃に来たいです。

名物とろろめし&笹焼きを食べながら、team63ミーティング。
?.jpg

みなさん、春です。




posted by 泉州太郎 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年04月11日

錫杖1ルンゼ

日時:2010年04月10日
場所:北ア 錫杖岳-前衛フェース1ルンゼ
内容:岩登り
参加者:NSN、NGS、YAS

錫杖沢出合より、望遠鏡でルートを観察。
なんとかなりそうな感じで一安心。
出合に荷物をデポし、出発。 雪があると取りつきまでが近く感じる。

shyaku00.jpg
<錫杖沢出合より錫杖岳-前衛フェース>

下部は壁の弱点をついた右上バンド(通称:チョンボトラバース)をたどる。
ルンゼは雪解け水が豊富に流れているが、登攀ラインには影響なし。

1P目:スラブからフェース? 早々に手袋放棄する。
    雪の残るテラスまで。

2P目:スラブからカンテ 最初はホールド豊富で快適。
   (フォローだからともいう。)
    最後に微妙な箇所があり、テラスに到着。
shyaku01.jpg
<2P目の風景>

3P目:人工 小さなハングだがあなどれない。

本日は太陽の日差しが強く、上部氷柱の崩壊が進む。
ヒューン・・・ドパーン!!
現在地は落氷直撃ラインから外れているが、下降が不安になる。

しかし、この水が流れているラインが氷柱に変貌したら・・・
ものすごい氷のルートと思われる。 見てみたい?
shyaku02.jpg
<3P目の風景>

4P目:スラブ、今回最難(災難)のピッチ。
    スラブ左上から右にトラバース。
    NGSさんお疲れ様でした。
shyaku03.jpg
<4P目の風景>

5P目:右に切り返せず、左のルンゼ(チムニー)状へ。
    雪解け水の集中豪雨により、ずぶ濡れになる。

で、登攀はここまで。

日が傾き、壁は日陰になったので、落氷も落ち着いた?
予定とおり懸垂下降4Pで下る。

が、最後のピッチでロープが引っ掛かり、登り返す。
あとは、グサグサの雪面を下り、デポ地へ。

ホールドは結構豊富?で、夏にもう一度来てみたいです。

<コースタイム>
 06:00 登山道入口
 07:30 錫杖沢出合
 08:50〜14:10 登攀
 16:30 錫杖沢出合
 18:00 登山道入口
posted by 泉州太郎 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登