2010年10月30日

北アルプス 涸沢岳と奥穂

先の3連休は雨天でしたが、今週は秋晴れ晴れ
遠〜くまで、ホントにすべてが見渡せる感じでしたるんるん

日時:2010年10月23,24日
場所:北アルプス 涸沢岳と奥穂
メンバー:KKD、NSN、HND、YAS

PA233261.jpg
<奥穂から槍ヶ岳>

PA233268.jpgほんとは先の3連休で来るはずだったのですが、雨天のため、この日程に。
さすがに涸沢の紅葉は完璧に終わっていました・・・。

それでも、天気よし、眺めよし、と久しぶり?に山を満喫しました。

                                <道中に滝谷>
PA233243.jpg





PA233215.jpg
<笠ヶ岳>

翌日は雲が多かったですが、朝焼けの色が神秘的かわいい
<白出のコルより朝焼け>

PA243275.jpg
















おまけ
posted by 泉州太郎 at 16:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 登山

2010年10月18日

四国の山〜A静寂の三嶺〜

3日目...三嶺(みうね・高知県側では「さんれい」と呼ぶそうです)

朝、快晴です。
光石登山口からいざ出発。
IMGP0343.JPG

少し歩くと水場が2ヶ所。

堂床野営場の先で、復旧されたきれいな橋を渡ります。
IMGP0342.JPG

分岐をさおりが原方面へ。急登。
IMGP0291.JPG

さおりが原
IMGP0292.JPG
木々が話しかけてくるような爽やかなところです。
(休憩所、トイレあり)

大きな木が出てきたなーと思ったら・・・
IMGP0293.JPG
『森の巨人たち 100選 トチノキ』
IMGP0294.JPG

林野庁が選定した全国の国有林から地域に親しまれている100本の木の1本でした。
http://www.kyoboku.com/mori/

トチノキの他にもブナ、モミなどの巨木が。(博士の声が聞こえてきそう)

尾根を上がるとカヤハゲ(1720m)
IMGP0306.JPG

バックに三嶺が美しい。
ここにきて初めて遠目に人をみつける。
そう、だーれにも会わなかった。
会ったのは、タヌキ、カエル、ヘビ。そして鳥と鹿の鳴き声。
(帰りにシカにも出会いました)

紅葉もばっちりです。
IMGP0313.JPG

この木は、なんだろ?(to 博士)
IMGP0312.JPG

IMGP0314.JPG
お米のような実がなっていました。

鎖場を抜けて三嶺頂上(1893m)
剣山がきれいに見えています。
IMGP0320.JPG〈三嶺小屋とお池とお山)

一面のササ原の中を西熊山へ。
IMGP0327.JPG (西熊山からきた道・三嶺方面)
IMGP0328.JPG (西熊山からゆく道・天狗塚方面)

この快適な山稜を覆うミヤマクマザサとコメツツジは、国の天然記念物だそうです。
(25000分の1地形図にも載っています)
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=192352

IMGP0329.JPG 〈コメツツジ〉
晩秋には真っ赤に染まるそうです。すごいだろうなぁ。

お亀岩に到着。ここから光石登山口に向けて下ります。
すぐ下には、お亀岩避難小屋。
IMGP0336.JPG
とてもきれいに整備された小屋でした。しかも・・・
IMGP0334.JPG
すてきなすてきな薪ストーブ付き!
IMGP0335.JPG
鉄スコも完備!

水場も少し下ったところにありました。

谷沿いをテープとケルンに助けられながらどんどん下っていきます。
トラロープの張られた長いトラバースも。
IMGP0338.JPG

そして着いたところが八丁ヒュッテ。
ここは囲炉裏。とても感じがいい。(アマゴの塩焼きしたいなぁ)

さらに下って、鉄製の橋を渡って
IMGP0340.JPG

さおりが原分岐を通過して登山口着。
魅力満載の山でした。

さあ、帰ろう。
途中に、アンパンマンミュージアム。
(時間の都合上外観のみ。入りたかった…)
2010_1011_143741-DSCF4647.JPG
ここ高知県香北町は、やなせたかしさんのふるさと。
『やなせたかし名誉館長ごあいさつ』読んでみてください。
http://www.anpanman-museum.net/index.html

南国ICから高速道路で徳島まで。
徳島からはフェリー。その名も『つるぎ』
2010_1011_183934-DSCF4653.JPG

夜の海を渡りました。
2010_1011_210218-DSCF4654.JPG

『まっこと四国は面白いぜよ!』





posted by 泉州太郎 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年10月16日

四国の山〜@紅葉の石鎚山〜

10月3連休は、海を越えて四国へ行ってきました。

1日目は、讃岐うどん廻り(味覚の秋)
2日目は、西日本最高峰・石鎚山(紅葉の秋)
3日目は、静寂の三嶺(実りの秋)

それぞれ色とりどり 違った味わいがありました。

日時:2010年10月9日〜11日
場所:四国山地 石鎚山・三嶺
メンバー:NGS、NKZ

とりあえず日程どおりご紹介しますと、、、

1日目...讃岐うどん廻り
大雨の予報に日程を変更して、土曜朝出発。
大阪から神戸〜明石へ。
明石海峡大橋が美しい。さすがパールブリッジ。
2010_1009_092600-DSCF4588.JPG
続いて淡路島から徳島へは鳴門大橋。
2010_1009_104502-DSCF4589.JPG

そして讃岐うどん。
2010_1009_114138-DSCF4592.JPG (1軒目 もろみうどん)
2010_1009_134717-DSCF4596.JPG (2軒目 かまたまうどん&ひやあつうどん)
NGSさんにっこり。

徳島県〜香川県〜愛媛県〜高知県と四国全県通過して石鎚山登山口の土小屋着。
この土小屋に至る町道・瓶ヶ森林道は昼間にぜひとも走ってみたい道でした。

2日目...石鎚山

雨も止み夜空には満天の星だったのに、朝起きるとガス。ガス。ガス。
何も見えない。次第に風も強くなり横なぐりに。
たくさんの登山者が雨具を着込んで出発していたが、しばらく待機。
そしてガスが晴れるのを期待して私達も出発。
2010_1010_095445-DSCF4598.JPG

歩き始めて間もなく2人の森林保全員の方と一緒になりました。
2010_1010_100253-DSCF4599.JPG

腰にはビニール袋。足元は地下足袋。
カッコイイ。

特に地下足袋は、森林作業用で靴底はスパイク、指の二股に水かきがついていました。
これが一番なのだそうです。

山や木や花やキノコなどいろんな話を聞かせてもらいながら歩いていきました。
2010_1010_103800-DSCF4600.JPG 〈アサマリンドウ〉
2010_1010_110156-DSCF4604.JPG 〈イヨフウロ〉


しかしすごい人。40人の団体さんも。
ガスの中、しばらく歩くと紅葉した木がポツリ、ポツリでてきました。

表参道との合流点・二ノ鎖小屋着。ひゃー人だらけ。
2010_1010_111904-DSCF4606.JPG

ここでお二方と別れて、鎖場へ。
唖然とするくらい、人が鈴なりに取り付いてました。
2010_1010_113344-DSCF4610.JPG 〈二ノ鎖・65m〉
しっかりごっつい鎖です。
2010_1010_115646-DSCF4615.JPG 〈三ノ鎖・68m〉

雨の後で鎖も足元の岩場も濡れていて滑りやすい。
2010_1010_121005-DSCF4617.JPG

三ノ鎖を登りきると頂上神社のある弥山頂上。
やーっぱり人がいーっぱい!
そして、人盛りの方を覗くと、おぉっ!
2010_1010_121725-DSCF4618.JPG
天狗岳。1982m 西日本最高峰です。
ガスの中、紅葉に彩られて美しい。

2010_1010_123027-DSCF4623.JPG
引き寄せられるように登りに行きました。
2010_1010_123236-DSCF4626.JPG

ふり返って天狗岳。
2010_1010_123339-DSCF4627.JPG

そこから南尖峰を経て、東稜コースから土小屋に向かうことに。
これが、岩場やら笹こぎやらバラエティに富んだおもしろいコースでした。
2010_1010_135833-DSCF4634.JPG (南尖峰)
高知弁が聞こえてきました。団体さんです。たくさん龍馬って感じ。みなさん元気。

2010_1010_140212-DSCF4636.JPG 〈カニのヨコバイ〉

2010_1010_140424-DSCF4638.JPG 〈東稜〉

石鎚山・南沢を遡行してきた沢登りの地元の方にも会いました。
とってもオススメ、ぜひともと笑顔でお話して下さいました。
(しかも、四国の沢にはヒルはいないそうです)

ほんと紅葉まっさかり。
2010_1010_131942-DSCF4632.JPG

2010_1010_143430-DSCF4640.JPG
笹やぶの踏み跡をたどっていくと、登山道と合流。
でもちょっと中に「通行禁止」の立て看板がありました。

土小屋へ。ふと見ると瀬戸内海が見えました。
2010_1010_153610-DSCF4643.JPG

さて、明日は三嶺。
高知市(鰹のたたき定食)経由で、光石登山口へ移動しました。
2010_1010_205316-DSCF4646.JPG (鰹の藁焼き)

…3日目へ続く…
posted by 泉州太郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他