2009年04月05日

岩場 其の壱:横谷の岩場

こんにちは iwakoです。 これから暇を見つけては関西の忘れられた(と言ってしまうと失礼ですかね)岩場を訪問、レポートしていきたいと思います!
記念すべき第一回は参加者一人、天候=雨雨と残念な結果に終わってしまいました。。。

<岩場プロフィール>
 場所:河内長野
 構成:奥立岩、小滝城フェース

<岩場レポート>
 この日は花見を兼ねて槇尾山から横谷の岩場を目指しました。また、長いアプローチの後に岩が待っている、というのも本ちゃんっぽいですよね?

 さて、予報より早く降り始めた雨の中「横谷」に到着。 岩場は一目でわかるその存在感です。しかし、その麓にくるとアプローチの入り口が判然としない。ちょっと行き過ぎかな、と思っていたらやっぱり間違っていて、再度戻って一番しっかり踏まれた道を選択するが道中にシイタケ栽培が並んでいて、違うような気がしたがそのまま進むと、やっぱり間違っていた。 対面に横谷の岩場-奥立岩が見える。
P4041228.jpg
<横谷の岩場:奥立岩>

でもなんとか岩場に到着。
基部、終了点などを確認するがイマイチ持っているトポと一致しないのですが、時間も時間なので早々に退却とする。小滝城フェースは割愛させていただきました。
P4041234.jpgP4041236.jpg
<右ルート?>                   <終了点>

左の壁は中間支点は鎖を利用したオリジナルが多かったです。
右ルート付近はリング、ハンガータイプ。ハンガーといってもボルト径は細い。

帰りは最短コースの沢筋を下って下山完了。かすかな踏み跡はあった。大量の落ち葉で歩きにくかった。
P4041240.jpg
<下山完了ポイント>

 雨でズボンはぐっしょり。車道に出た時はちょっと解放感が得られました。
あっ、車は槇尾山だっけ・・。・・・・テンションが低い時は歌をうたいましょう! 
今日は季節がら『さくら』

 『さくらの花びらは綺麗すぎて たまに胸が苦しくなってしまうけど 
         散っても舞っても花吹雪の中を進んでいこう』

P4041227.jpg
posted by 泉州太郎 at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 岩登
この記事へのコメント
横谷の奥立岩の取り付きは、廃屋駐車場から、川沿いに約200メートル下った所(川が小さなダム状になっている)付近から山に入ると5分で取り付きに到着します。
Posted by 逸見です at 2011年10月07日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28292891

この記事へのトラックバック