2009年04月30日

唐松岳・八方尾根

P4260002.jpg
日時:2009年4月24日夜〜26日
天気:風雪
内容:雪山登山
参加者:SGY、MNO、MSM、SKR、TKI、WKM、ATJ(7名)

今年は、暖冬のため、雪が少ないのでは・・・ということでしたが、樹林帯はすべて雪の下。少なくとも、八方尾根は十分すぎる雪の量でした。また、この週末は、山の上は土日とも雪で、さらに積雪量が増えています。

風が強く、視界もあまりなく、完全な冬山状態でしたが、初日は、予定通り下の樺あたりで幕営しました。2日目は、天候が回復するという期待の下、早朝からアタックをかけましたが、天候はまったく回復せず、丸山ケルンあたりで完全なホワイトアウトになって、登頂を断念しました。

しかし、4月後半にもかかわらず、新雪の八方尾根を登ることができ、また、ルートファインディングの醍醐味を満喫することができ、とても内容のある面白い山行でした。

八方尾根は、昨年の11月に下っていますが、そのときよりも雪の量が比べものにならないくらい多くて、ぜひ、また、雪の多いときに訪れてみたいと思いました。

<行動記録>
 4/25 八方池山荘 9:00 → 第2ケルン 9:40 → 下の樺(幕営) 11:45
 4/26 下の樺 5:00 → 丸山ケルン 6:00 → 下の樺 6:30〜8:00 → 八方池山荘 9:30

Written by SGY
posted by 泉州太郎 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 山スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28775499

この記事へのトラックバック