2009年09月28日

雪国の渓・カラスノ谷

渋い!
渋すぎる!!
白山の沢は厳しいと聞いてはいましたが、百聞は一見にしかず!
しっかり鍛えられてきました。

日時:2009年9月21〜22日
場所:白山山系別山カラスノ谷
内容:沢登り
メンバー:NKN、ICI、NKZ

*1日目(9月21日)くもりのち晴れのちくもり
6:45 きれいに整備された石徹白(いとしろ)登山口を出発。
470段余りの石段を登るとそこには『石徹白の大杉さま』。
樹齢1800年。とても大きい。
映画『Ballad 名もなき恋のうた』をみたばかりの私は、『川上の大クヌギ』を思い出した。
2009_0921_065319-DSCF0581.JPG

そこから神鳩ノ宮避難小屋まで、森の博士の解説を聞きながら登っていく。
2009_0921_071854-DSCF0582.JPG

小屋はとても清潔に整備されていて、ちょうど小雨模様だった私たちは、ずいぶん後ろ髪を引かれる思いをした。沢装備で出発。
2009_0921_085141-DSCF0588.JPG

さて、稜線に出て鞍部にあるというブナゴヤ谷への下降点を探す。
9:50 ここ!と定めてガサッと笹を分け入る。すると枝に黄色いテープが巻きつけてあった。
2009_0921_095316-DSCF0589.JPG

はじめは藪こぎ。程なく源頭部。水が流れ出した。
セロリの匂いのする草があった。
2009_0921_095753-DSCF0592.JPG

水流にそって下りていくと、大きな滝にぶつかる。
ここは右岸から懸垂下降。
2009_0921_111939-DSCF0597.JPG

この頃には青空ものぞき始め、爽快だ。
下るにつれて両岸が高くなってきた。小滝も淵も釜も美しい。きらきら輝いておいしそう。
2009_0921_121134-DSCF0598.JPG

そして、側壁の切り立った滝にぶつかる。
2009_0921_124930-DSCF0600.JPG
ここはどうしようもないので、予定通り右の尾根に入りひとつ南となりの谷へ藪藪こぎ。うまい具合に下りることができた。

そうしてようやく別山谷に到着。
時刻は13:40 意外と時間がかかった。急がねば。
2009_0921_134257-DSCF0603.JPG

河原歩きを約1時間。やっと二股。左がカラスノ谷だ。
沢らしい様相になる。巨岩が増える。
2009_0921_150412-DSCF0606.JPG

15:50 とても細かい快適な砂地を見つけ、幕営地と決定。
さっそく焚き火の用意。
下り坂という天気を気にしつつ、行く夏を惜しむ焚き火をこれまた遅くまで楽しんだ。
2009_0921_185116-DSCF0613.JPG

*2日め(9月22日)くもりのち雨
朝食はICI博士のために用意したチーズリゾット。これで力をつけていただく。
7時出発となる。が、まだ雨は降っていない。
2009_0922_065256-DSCF0618.JPG

つるつるに磨かれた雪国特有の岩を上っていく(ペタペタ)。
2009_0922_072514-DSCF0621.JPG

2009_0922_072856-DSCF0625.JPG<

大きな淵の奥に滝。ローカだった。
2週間前なら迷わずちゃぷん!だが、泳ぐには寒すぎる。ううぅと周りを見渡し高巻く。
2009_0922_073159-DSCF0628.JPG

これが本日第1回目。草付きを微妙に高巻くのだ。たぶん雪のために木は生えないのだろう。いやらしい感じ。
2009_0922_074311-DSCF0630.JPG

そこから谷を曲がれば、滝!といったかんじばかり。
高巻く→滝→高巻く→滝・・・と合計7回!
どれもこれも高巻きC難度。。。
2009_0922_082255-DSCF0636.JPG

2009_0922_102727-DSCF0640.JPG

2009_0922_103206-DSCF0643.JPG

途中5回目で、懸垂下降1回。そこには残置シュリンゲがあった。あんな激しい藪の中に人の軌跡があると、ちょこっとほっとする。私もがんばろう、と思う。
(この辺りで、小雨が降り出す)
2009_0922_104440-DSCF0645.JPG

最後7回目は、大高巻き!尾根をひとつ越えるというウルトラC!
2009_0922_113302-DSCF0649.JPG

しかし、すべての厳しい高巻きも、我らがタカマキラーNKNさんの冴えたルート取りでちゃんと落ち口にぴったりたどりつくのだ。完璧。しかも7回とも。グレイト!
2009_0922_124302-DSCF0652.JPG
(微かにわかる?踏み跡)

そうしてやーーっと大滝ゾーンも終わり、谷は狭まり傾斜が急になり、高山植物も咲き出した(って、もう9月中旬ですよ)。
2009_0922_140310-DSCF0655.JPG

2009_0922_142143-DSCF0658.JPG

水が涸れた頃、岩場が出てきた。急傾斜だ。ずーっと続いてる。ハッと気づく。これは噂の大平壁では!?もろい岩が続く。微妙だ。しかも濡れてるし。高度もだいぶある・・・だろうけど、それは雨のおかげで下が見えなくて助かったかも。
岩が終われば、草付き。ズルズル。
頂上はどこだーと探しつつ、もう上りやすいルートをついて登るしかない。
ズルズル草付きからハイマツ帯に逃げ込む。根っこをギュッと握ってグングン上る。いったいどこが稜線???

おぉっ!!!
2009_0922_154101-DSCF0663.JPG
またもややりました!上りきると別山頂上!
ダイレクトルート達成!!気分爽快!とともに、一般道にたどりついて、ほーっと笑顔の3人でした。

2009_0922_154534-DSCF0667.JPG

時刻はなんと16時 いやはやいやはや。
さっさと片づけして、長い長い下山路へ。

そしてまたしても癒してくれるのは、ベリーちゃん。
しかも葉っぱは紅葉している。
元気でる。が、今回は程ほどに。
2009_0922_155926-DSCF0670.JPG

三ノ峰避難小屋着。
ここも快適空間だ。寒さに震える体を熱い飲み物で暖めてGO!
2009_0922_170709-DSCF0676.JPG

途中からはヘッドランプを点灯。3つの蛍が、ヌルッとした道に足をとられつつも、大杉さまに無事のお礼をいい、駐車場に着いたのは22時過ぎでした。

そして大杉さまの清水をいただき、ザリガニ臭のまま一気に帰阪となりました。


白山の沢・・・大いに鍛えていただき有難うございました。


posted by 泉州太郎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32493913

この記事へのトラックバック