2010年09月22日

北岳バットレス〜ピラミッドフェース編〜

日時:2010年09月18,19日
場所:南ア 北岳バットレス
メンバー:NSN、KKD、HND、YAS

絶好の登攀日和!の3連休、北岳バットレスに行ってきました!

P20100918-11.jpg



真中の三角がピラミッドフェース、
右の白いのがcガリー大滝
その左が『十字クラック』!!
続きを読む
posted by 泉州太郎 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年09月14日

御在所

9月11日〜12日御在所に錫杖のトレーニングとして行ってきました。
長い間御在所にはお世話になっていますが、初めての経験で、藤内小屋に泊めてもらいました。藤内小屋は、まだ復興途上ですが快適に泊めていただけました。
皆さんもぜひ一度ご利用ください。

参加者 CL HSM,SGY,OOU,TKH,TRN,MSD

* 朝食は、朝靄にかすむ四日市を眺めながら外でよばれました。

20100911 003.jpg

* 前尾根最終ピッチ「やぐら」です。

20100911 006.jpg
posted by 泉州太郎 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年08月15日

2010春合宿剣チーム

うまい具合に台風4号が抜けてくれて、台風一過の好天を期待したのですが・・・・・。
OOU、MNO、TKH、TRN、MSDの5名で、11日大阪出発。

13日、雷鳥沢からBCを剣沢に移動し、そのまま源次郎尾根取り付きに。途中ぱらぱら来るものの何とか天気はもってくれました。

* 剣沢から八つ峰を望む。
20100813_14.JPG

* 樹林を抜け快適な尾根上を行く。
20100813_24.JPG

* 唐糸草と剣沢
20100813_35.JPG

* 六峰。明日登れるかな?
20100813_46.JPG

* 熊の岩にテントなし。
20100813_48.JPG

* ここから見る限り長次郎谷左俣は、寸断されていました。
20100813_50.JPG

* 新しくなった祠に源次郎尾根完登を感謝。
20100813_57.JPG

この後、ARNさんパーティーに剣沢で遭遇。天気図を見せていただき、明日予定の六峰を断念。

合宿中ここでは、お話できない出来事が多々ありましたが、とりあえず源次郎だけでも登れてよかったです。
リーダーの不具合をお許しください。
MSD

posted by 泉州太郎 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年05月30日

烏帽子でフリークライミング

29日(土)に岩鬼ちゃん、晴雄さん、ユアピー、やまびとの4名で烏帽子に出動。

ebo1.jpg
久しぶりの烏帽子でがんばる晴雄さん

ebo2.jpg
アルパインチームのホープ、ユアピー

ebo3.jpg
今年に入って烏帽子2回目で、やまびと必死

そして、締めくくりは、ど根性の岩鬼ちゃん

先週、落とせなかった課題を今日こそは落としたい!と闘志をメラメラと燃やす。

その課題は「東風吹かば」5.10c

ebo4.jpg
核心部に取りつく岩鬼ちゃん

ebo5.jpg
ムーブができあがった

ebo6.jpg
華麗なジャンプ

ebo7.jpg
見事決まって、核心部を突破し、ゴール目前

いやはや、さすがです。

こうして、心残りだった課題をクリアし、大満足の岩鬼ちゃん。

残りの3名はそれぞれ課題を残し、烏帽子を去りました。

その後、温泉→夕食(生パスタ)→小宴会→テント泊で22時過ぎには爆睡。お疲れ様でした。





posted by 泉州太郎 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年05月11日

薬師岳 スキー

yks.JPGyks2.JPGigc.JPGkmt.JPG
北アルプス薬師岳に山スキーに行きました。

参加者:KMT,IGC
日にち:5/2〜5/3

5/2 4:30飛越トンネル〜9:00寺地山〜12:00北ノ又岳〜14:30
太郎平小屋(幕営)

5/3
4:30太郎平小屋〜6:30薬師岳〜7:30太郎平小屋(撤収)〜10:30
北ノ又岳〜14:30飛越トンネル

北ノ又岳の西側の大斜面は登るときには苦労しましたが、稜線
に出た瞬間に広がる北アルプスの壮大な景色には二人して感激
しました。
そして遥かに見える穂高で奮闘している合宿各チームに陰なが
らエールを送りつつ太郎平へと向かいました。

帰りの北ノ又の大斜面の滑降はもちろん最高でした!
posted by 泉州太郎 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年05月10日

春合宿Aパーティー(屏風岩編)

日時:2010年05月02日〜04日
場所:北アルプス 穂高
ルート :雲稜ルート
メンバー:NSN、NGS、YAS

絶好の天候に恵まれたこのGW。
屏風岩(雲稜ルート)〜前穂北尾根という計画で入山。
さて、その内容は・・・

P51.jpg
<アプローチより見上げる屏風岩>
続きを読む
posted by 泉州太郎 at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年04月12日

御在所岳に春

雪が解けて、桜が咲いて・・・先週4日には、1年7か月ぶりに藤内小屋も再開。
御在所岳にうれしい春がやってきていました。

日時:2010年4月10日
場所:御在所岳裏道登山道〜前尾根・一の壁
メンバー:KKD、NKZ

前夜、どこまで入れるか??とスカイラインを進んでいくと…おぉ!ゲートは開いていました。
暗闇に浮き立つ満開の桜に招かれるように駐車場へ。

6:15 駐車場発
入口の地図を見ると、かなり大きな堰堤が作られるようです。
しっかりとしたフェンスで工事用道路が封鎖されていました。
2010_0410_062029-DSCF2769.JPG

登山道を道標に従って進みます。
道がきれいに整備されています。丸太の切り口がまだ白い。
2010_0410_062412-DSCF2772.JPG

眺めがいい。
2010_0410_062720-DSCF2774.JPG

本当に大きな規模の堰堤ができそう。
2010_0410_062739-DSCF2775.JPG

つづら折りの坂を下って川原へ。
2010_0410_062840-DSCF2776.JPG

右手に堰堤建設現場。日向小屋跡だ。(なんもなくなってる)
2010_0410_062956-DSCF2779.JPG

すぐに、七の渡し。
2010_0410_063001-DSCF2780.JPG

あっ、ショウジョウバカマ。
2010_0410_063141-DSCF2783.JPG

四の渡しを渡る。(どきどき・・・どうだろか?)
2010_0410_063249-DSCF2786.JPG

あっ、でてる!水が出てる!
2010_0410_063333-DSCF2787.JPG
土砂災害で埋もれてしまって、もうだめかと思っていたのに・・・!
格別においしかったー。
花も咲いてる。
2010_0410_064053-DSCF2788.JPG
          (アセビ?)

そして藤内小屋へ。
2010_0410_064309-DSCF2789.JPG

煙は出ていたが、静かだった。
2010_0410_064532-DSCF2791.JPG
お水をいただいて出発。
前尾根がガスの中に。
2010_0410_065525-DSCF2792.JPG

7:30 前尾根
〈P7〉
2010_0410_075825-DSCF2798.JPG

2010_0410_091417-DSCF2802.JPG

〈P6〉
2010_0410_094342-DSCF2806.JPG

今日もチムニーを越えて
2010_0410_095644-DSCF2807.JPG

〈P5〉
2010_0410_111549-DSCF2812.JPG

〈P3〉
2010_0410_121115-DSCF2814.JPG

登り終えたところで終了。
他パーティがそのまま下って行くので、沢に向けて下降することに。
2010_0410_133042-DSCF2817.JPG

土砂災害の影響があったのではと心配したが、以前と同じルートで下りることができました。
(浮き石に注意)
2010_0410_134456-DSCF2822.JPG
(上部中央のやぐらから一枚壁の左側を下りてきた)

裏道登山道に合流し、次は一の壁へ。
〈2ルート〉
2010_0410_144127-DSCF2828.JPG

〈3ルート〉
2010_0410_155522-DSCF2829.JPG

〈1ルート〉
2010_0410_172614-DSCF2831.JPG

17:45 春を感じて終了。
2010_0410_173458-DSCF2834.JPG
          (マンサク)

ヘッドランプをポケットに下山。

18:35 藤内小屋
タローがお出迎え。(写真右下)
2010_0410_184249-DSCF2843.JPG
小屋には明かりが灯り、中からは明るい笑い声が。
うれしく、ほこっとなりました。
・・・よくぞここまで・・・またお世話になります。よろしくお願いします。

19:15 駐車場
次は、シロヤシオが満開の頃に来たいです。

名物とろろめし&笹焼きを食べながら、team63ミーティング。
?.jpg

みなさん、春です。




posted by 泉州太郎 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年04月11日

錫杖1ルンゼ

日時:2010年04月10日
場所:北ア 錫杖岳-前衛フェース1ルンゼ
内容:岩登り
参加者:NSN、NGS、YAS

錫杖沢出合より、望遠鏡でルートを観察。
なんとかなりそうな感じで一安心。
出合に荷物をデポし、出発。 雪があると取りつきまでが近く感じる。

shyaku00.jpg
<錫杖沢出合より錫杖岳-前衛フェース>

下部は壁の弱点をついた右上バンド(通称:チョンボトラバース)をたどる。
ルンゼは雪解け水が豊富に流れているが、登攀ラインには影響なし。

1P目:スラブからフェース? 早々に手袋放棄する。
    雪の残るテラスまで。

2P目:スラブからカンテ 最初はホールド豊富で快適。
   (フォローだからともいう。)
    最後に微妙な箇所があり、テラスに到着。
shyaku01.jpg
<2P目の風景>

3P目:人工 小さなハングだがあなどれない。

本日は太陽の日差しが強く、上部氷柱の崩壊が進む。
ヒューン・・・ドパーン!!
現在地は落氷直撃ラインから外れているが、下降が不安になる。

しかし、この水が流れているラインが氷柱に変貌したら・・・
ものすごい氷のルートと思われる。 見てみたい?
shyaku02.jpg
<3P目の風景>

4P目:スラブ、今回最難(災難)のピッチ。
    スラブ左上から右にトラバース。
    NGSさんお疲れ様でした。
shyaku03.jpg
<4P目の風景>

5P目:右に切り返せず、左のルンゼ(チムニー)状へ。
    雪解け水の集中豪雨により、ずぶ濡れになる。

で、登攀はここまで。

日が傾き、壁は日陰になったので、落氷も落ち着いた?
予定とおり懸垂下降4Pで下る。

が、最後のピッチでロープが引っ掛かり、登り返す。
あとは、グサグサの雪面を下り、デポ地へ。

ホールドは結構豊富?で、夏にもう一度来てみたいです。

<コースタイム>
 06:00 登山道入口
 07:30 錫杖沢出合
 08:50〜14:10 登攀
 16:30 錫杖沢出合
 18:00 登山道入口
posted by 泉州太郎 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年11月11日

瑞浪屏風山

11月10日(火)快晴のち雨
平日クライミングの輪が広がりつつある今日この頃。

有給休暇のOUEさんYASさん、そしていつものMGさん、Hの4人で瑞浪に行ってきました。

お天気が持つかどうか心配でしたが、2時過ぎまでみっちりのぼれて大満足。
特にYASさんは絶好調でした。

またいきましょう!

・ゆうことやよい10c
Q11.10 006.jpg
・感激10a:MGさんOUEさん、離陸できて感激!
Q11.10 003.jpg

・余裕のよっちゃん5.8
・有希子の初恋10a
・ダーリンスラブ10a
posted by 泉州太郎 at 11:06| 岩登

2009年09月07日

北岳バットレス-ピラミッドフェース

M会長と二人で北岳のバットレスピラミッドフェースに行ってきた。2年前の秋に取り付き敗退してからリベンジをもくろんでいた。


9月4日(金)21:00出発、翌朝2:30に芦安の市営駐車場に到着、仮眠。


9月5日(土) 5:10発の広河原行きのバスに乗り込む。相変わらずの混である。
6:30 広河原の山荘前でトイレをすませ、歩き始める。大樺沢の雪渓はのこりわずか。バットレス基部には雪渓は全くない。


9:30 cガリーの手前で30人ぐらいの団体の姿を見かける・・・えらいこっちゃ、と急ぐ。団体さんはbガリーとdガリーに二手にわかれていった。いそいでdガリー取り付きに向かったが誰もいない。


10:30 dガリー登攀
1ピッチ目V級 Hリード。ランナウトしているがそんなに悪くない。

* d沢を詰めようやく取り付きを確認。幸いにも誰もいない。

20090905_12.JPG

* 下部1ピッチ目

20090905_18.JPG

2ピッチ目V級 M会長リード。ものすごく悪かった。私はフォローだったが、もろもろで終了点のリングボルトは岩ごとはがれてぶら下がっているし、持った岩はつぎつぎにはがれていく。ちょうど後続のパーティがとりついたところで、ロープがあたったところがはがれ落ちて、おおきな落石にしてしまった。幸い当たらなか
ったようだが、その後も縮み上がるような怖さを覚えた。



3ピッチ目U級? Hリード。ただのガレ場、でも早くも本日の核心となった。あまりの怖さにいつものとおり叫び声を上げました。落石はしなかったようですが、置いた足もとが崩れていく感触はこの世のものではない。くの字にまがってピラミッドフェースに行くのだが、曲がり角でピッチを切った。ここはバンドになっていて
、草付きで安定している。5尾根の支尾根からも簡単そうである。


4ピッチ目 ただのガレ場。Mさんリード。左に行くと下部フランケのむずかしそうな壁が見えた。

* ようやくピラミッド1ピッチ目。

20090905_20.JPG

13:00 ピラミッドフェース登攀
ピラミッドフェースのかたくてしっかりした岩をみて涙が出そうだった。しばらく壁に抱きついて無事を味わう。
1ピッチ目X級 Hリード。左のコーナークラックをのぼる。カムとナッツでプロテクションをとったが、右手にも要所にホールドがあり、特にわるくない。


2ピッチ目W級+ Mさんリードで5m。その後Hに交代。逆層のフェースにMさんヘロヘロになる。

* 右からd沢、c沢、b沢

20090905_21.JPG

*2ピッチ目終了付近。頭上の岩の塊は今にも落ちそう。完全にブレークしている。

20090905_22.JPG

3ピッチ目W級+〜X級 Hリード。出だしはちょいむずかしい逆層のフェース。いったんバンド状になったところでハングした凹角になる。ハングの下半分が崩壊していて、フットホールドがない。A0したくてもにも4つあるハーケンはすべてぐらぐら。2年前にはこんなむずかしくなかったのでもしかしたら下部の崩壊が進んだのかもしれない。左足をハイステップにしてなんとか乗り越えた。決心するのに時間をくってしまった。
草付きバンド状で木が2本生えたテラスに到着。木でビレイする。(本当のビレイ点はもう一つ右側のフェースのところだったか?後続のパーティはそこでピッチを切ってらっしゃった。)


4ピッチ目 ピラミッドフェースの頭が真上に見える。頭までは逆層のフェース。左のほうにハーケンの列が見える。登れそうだったのでこのフェースを登る。X級ぐらい。(本当は草付きテラスを右にトラバースだったのか?)


5ピッチ目 コーナークラック。ここはX級+ぐらい。1ピッチ目のクラックよりもむずかしかった。カムもあんまり決まらずちょっとあせった。ナッツで何とかしのいだが、やっぱりナッツは1セット必要だった。
5mほどのクラックを乗り越え、右にトラバースすると4尾根にでた。


16:00 四尾根。
この時間なら余裕で明るいうちに抜けれる。と思ったのもつかのま。マッチ箱のコルで大渋滞に出会う。
四尾根はピラミッドフェースをちょっと長く登りすぎたため、4ピッチ目からの登攀となった。
4ピッチ目V級 Mさんリード。
5ピッチ目V級 Hリード。
6ピッチ目X級〜V級 Mさんリード。このピッチを終わるとマッチ箱のコルに出る。懸垂で渋滞しているとのことで、後続パーティとともにしばらく待つ。ここで17:30ごろ。Mさんがリードしてマッチ箱のコルへ。懸垂待ちでここでもしばらく待つ。
ここまでで1時間ぐらいのロス。
7ピッチ目V級 Hリード。18:30ごろ。懸垂後にヘッドランプの用意をする。
8ピッチ目V級 Mさんリード。50mいっぱいのばして最終のアンカーに到達した。あとはハイマツ帯をしばらく登って終了。19:15ごろ。真っ暗、そのうえ、ビバーク地にはすでに大勢の人がいた。6人パーティ、8人パーティ、私たち2人、後続だった2人パーティ。とうていビバークできないので肩の小屋まで行くことにした。
水を飲んだり、パンを食べたりして登攀具を片付け、重い足を引きずって肩の小屋に向かう。

* 北岳頂上 20:20ごろ

20090905_26.JPG


21:15 肩の小屋。消灯後だったが親切な従業員さんが寝ずに待っていてくださった。親切に声をかけてくださり、小屋の前にツエルトをはらせてもらった。


人通りのなかにツエルトを張ったためにたびたび蹴られよく眠れず。めんどくさくてもテン場まで行くべきでした。
Nさんご夫婦が翌朝声かけてくださった。ありがとうございました。起きられませんでしたが。

* ここにツェルトを張らせていただきました。

20090906_28.JPG

9月6日(日)
7:10起床。ねばりにねばったが、通行人に頭を蹴られ、仕方なくおきる。
10:20広河原。バスに走って乗り込む。バスに酔ってしまって、お風呂に入る前に吐いてしまった。


2日間ともお天気が良く、暑くもなく、大変良い登攀日和となりました。Mさんありがとうございました。
                   Written by H

パートナー(M)のコメント
10年ぶりのピラミッドフェース。10年前のときは、いまさら理由を言うのも恥ずかしいのですが、夜の9時までかかり一緒に行った先輩(今回もたまたまご夫婦で北岳に来られていましたNさん。)に大いに心配をかけてしまいました。
核心部分の写真が少ないのは、写真担当に余裕がなかった為です。
HSMさん、本当にありがとうございました。
posted by 泉州太郎 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年08月10日

灼熱の御在所岳:中尾根〜前尾根

8月8日(土)快晴
メンバー:MSD、OUE、HSM

この3人で北岳をめざすトレーニングです・・・
それにしても暑かった。

6時ロープウェイ駅出発。崩壊した道をつたって、裏道登山道へ抜けました。もう整備しないのかなあ。
堰堤を作るための道路工事は着々と進んでいて、すっかり様変わりした裏道登山道。
兎の耳も基部がごっそりなくなってます。

P8080330.jpgP8080318.jpg

くずれた裏道登山道は1月の雪の時以来見てなかったので、自然の驚異に驚かされた。

7時20分一の壁基部。なんとびっちょり濡れてるではないか。この分だと中尾根も濡れてるかなあ、いややなあ、やめようか・・・と弱気な相談をしつつ、やっぱり中尾根を登りたい気持ちが強かった。

取り付きだけでも見に行って、びしょぬれやったら、やめましょう、といいつつ。
なんせ中尾根は初めてなので、取り付きを探すのが核心だ。
いつも名張にご一緒しているHGさんに聞いて、なんとなく見当はついていたがやっぱり初めてのところは緊張する。
P8080325.jpg


今日は前尾根も行きたいのでP4とP3の2ピッチのみ登攀の予定。

9時頃 中尾根P4、HSMリード。出だしにハーケンが1本。あとはNP。ぬれてていやらしいが、ピッチが短いので助かった。

P3はすばらしいクラックがすーっと伸びている。濡れてようが、なんだろうが、これは登りたい!と思ってしまった。ここもリードさせていただく。中間部のクラックが狭いところでなんとカムが玉切れ。#1をもう1個持ってくるべきだった。ひやひやしました。
P8080348.jpg

上部の核心はチムニー。思い切ってレイバックができなくていつもどおり、クラックの奥深くに体をつっこみ、肩でつっぱってずりずりはい上がった。このスタイルが一番性に合っている。MSDさんはじょうずに体を外に出して登ってこられた。

11時 ツルムの頭。ここから2ピッチ懸垂下降して、Walk off で中尾根バットレスの基部に到着。12時前になってました。
懸垂にけっこう時間がかかったかなあ。でも取り付きにちゃんと行けてよかった。

しばらく休憩して、そそくさと前尾根へ向かった。
急がなきゃ。

13時前尾根P7に到着。男性2人のパーティが登攀の準備をなさっていたが、「お先に」といってくださっって、先に行かせてもらった。助かりました。MSDリード。ピッチを切ってHSMリード。
P6もMSDリード、ピッチを切ってHSMリード。3人でリードを交代すると時間がかかっちゃう。ロープさばきももっと早くしなくては。

P5はMSDリード。クライミングシューズが痛くなって、ジョギングシューズで登ってました。

P4はOUEリード。14時20分。OUEさんは久しぶりのリードで心身ともにへとへと。緊張したことでしょう。

ここで15時20分。いそげいそげ!
P3は3ピッチもあるのだ。HSMリード。最初と最後のピッチはほとんどプロテクションとれなかった。クラックもめちゃめちゃになって・・・

どうにかこうにか16時20分にやぐらのコルに到着。
「ロープウェイに間に合うかも!」と必死にいそいで、P1を巻き、国見峠経由で遊歩道へ。
16時45分ロープウェイ駅に到着。

ロープウェイ1200円、お値打ちでした。

灼熱の御在所岳 11時間行動となり、ほとんど行動食はたべず、がんばりました。





posted by 泉州太郎 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年07月27日

土曜日は名張香落渓

7月25日(土)快晴のち大雨

青穂クラブのHGさんと、泉州会のIさん、Hとで名張第1岩壁に向かいました。
Iさんは名張デビュー。さてどうなることやら・・・

まずは今日の目標「これなんですか5.10a」
ていうかこれが登れないと名張では怪我をする、と言われてるらしい。とにかく登っておかないとほかのルートにはトライできないのだ。

HGさんがトップバッターを譲ってくれた(?)のでHがRPねらいに・・・

私にとってはなぜか上部のハングよりも下部が核心なのだ。
苦しいフィストで要所を耐え、なんとか中間部のテラスに達した。もう大丈夫かも・・・でも気を抜かないで・・・
ハング越えはジャストなハンドなのでちょっと余裕でRP。

つづいてHGさんもRP。本人曰く「奇跡的や〜」と興奮気味に言われてましたが、余裕でしたよ。

さて、Iさんは一応ギヤをもって、TRでトライ。
う〜ん、ハング越えが苦しいみたい。こうゆうのは背が低い方がいいのかしら・・・

そして左側の「高田屋5.11a」をTRでちょっとのぼってみた。上部はそんなにむずかしくないということだったが、わたしのこぶしには広すぎで、アームのボトミングでは左のホールドが届かなかった・・・ちっこいよ、私。

まあ、やっぱりリードしな、ということで「直登5.10a」にHGさんがトライしてる最中に大雨が降りだした。どうなることかと思ったが、じっくりじっくり高度を上げていく。それでも核心のオフィズスで、どうにもならなくなり、A0で終了点へ。
怪我せんでよかった。

徒渉するよりずぶぬれになって、撤収。
でも今日は収穫があったので、大興奮!

また来週!IMG_0009.JPG

posted by 泉州太郎 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年07月13日

烏帽子・駒形でフェイスクライミング?

7月12日(日)快晴
夏合宿参加予定のみんなは、不動岩でマルチ用の岩トレーニングに向かったので
、夏は縦走の私とOさんはふたりで烏帽子・駒形へ。Oさんは事情により、1ヶ月
ぶりのリハクラ。


朝から雨の予報だったので自宅出発を遅らしたのに、ちっとも降ってないやん。

前日の天気予報が当たらないのなら、もうそんなものやめちまえ!って言いたく
なる。天気予報なんてものに頼る方がいかんのかしら。


とにもかくにも、昨日の「ちょっとフェイスクライミングもがんばります」宣言
を実行して、「やる気」のあるとこをちょっと見せとかんと・・・

駒形で
・イグジット 5.9
・斜陽 5.9・・・トップロープで1回

烏帽子で
・太陽がいっぱい 5.9
・北山・林ルート 5.11c・・・トップロープで2回
・おじいちゃんのどたどた落ち 5.11a・・・リード1回(テンこもり。)トップ
ロープ1回

あまりにも疲れたので、2時頃岩場を退散。(「やる気のあるとこ見せるんじゃな
かったのか?)
船坂の「信州ベルグ」でおいしいコーヒー&手作りバターケーキをいただいて、
夕方5時頃帰宅しました。
posted by 泉州太郎 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年07月11日

名張香落渓 第1岩壁+ MC

7月11日(土)晴れのちくもり

お天気が二転三転して、決定できなかった御在所マルチ。結局晴れてるやんか〜

で、やっぱり、今週も名張に来ちゃいました。
メンバーは先週に引き続いてのM会長と、ご一緒にクライミングするのははじめて
の他会のHGさん。HGさんは、12クライマー(もち、スポートルート)なので、ク
ラックもすぐにうまくなるでしょうね・・・とほほ。


HGさんの希望に応えて、『第1岩壁』
持ってきたはしごは寸足らずで役に立たず。徒渉が・・徒渉が・・・と抵抗する
もあえなく却下。

結局ズボン、靴下はいたままで川に入って(男らしく)渡ったわよ。
まあ、登ってるうちに乾きました。今日の名張は屏風にヨセミテ練習にきておら
れるお二人(道路からはお一人しか確認できず)しか来られてなかったので、第
1岩壁もMCも貸し切りでゆっくり登れました。


登ったのは、
・これなんですか5.10a」リード1回、トップロープで1回。なんとリードしちゃっ
た。びっくり。

3人で2回ずつ登ったらもう2時。
M会長が所用のため3時上がりの予定だったので、ここで第1岩壁は終了。会長
とわかれてからHGさんと2人でMCへ向かった。

・シンドローム5.8
・平和クラック5.9 ・・・これは私は登りませんでした。

車に乗ったのがもう6時。今日もよく遊びました。ありがとうございました。

もうちょっとフェイスクライミングもがんばらねば。

Written by H
posted by 泉州太郎 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年07月08日

槙尾山〜仏岩で 11クライマー誕生!

1.jpg2.jpg3.jpg
65期N野です。

日曜日の仏岩で Iさんが11a(「ゆるして大阪」)を見事RPされました。
もちろんマスターですよ。
11クライマーの仲間入りオメデトウ(・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"
☆パチパチパチ!!!

1本目はトップロープで「こんなんリードなんてあり得ない!」と言ってたのに
、少し後に「なんかイケル気がする!」と。神でも降りたんでしょーか。
posted by 泉州太郎 at 22:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 岩登

2009年07月04日

またもや名張MC

7月4日(土)快晴 by H
今日も名張MCです。会長Mさんと2人。だんだん参加者が減っちゃって、ビレイ
ヤーいなくなったらどうしよう・・・そんな心配は月曜にすることにして、とも
かくM会長は本日名張デビューです。

今朝は8時ごろに駐車場に到着。今日のMCはだれもいませんでした。
よかったあ、シンドロームから登れるわ〜と思ったけど、びっちょり濡れてる。
しかたなく、1時間ほど乾くのを待って、登り始めた。

ロープ2本持ってきてたので、シンドロームと平和クラックにトップロープはり
っぱにしようと思ったけれど、兵庫の(つよつよコンビ)2人パーティと京都の
3人パーティがこられて、大賑わい。結局、ロープは抜いて、登って、の繰り返
し。でもたいへん楽しくおしゃべりさせていただきました。

登ったのは、
・シンドローム 5.8 リード2回、TR1回
・平和クラック 5.9 リード1回
・吐息クラック 5.10a TR3回・・・・うーん、リードトライは雲の向こうやな
あ。

7本も登ったのははじめて。ちょっと体力(名張筋)がついてるのかな。技術はい
ま一歩。カムがちょっとひらきすぎてたり、適切な位置でとれなかったり。
どんなにぱつぱつでも、プロテクションはとらなきゃ。それが練習だから。また
明日もがんばろう。

Written by H

--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/
posted by 泉州太郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年06月28日

烏帽子&駒形で岩登り

6月28日(日)快晴

今日は新人さん(岩登り新人ていう意味)向けの岩トレーニングでした。
なので総勢11名。岩場に行くにはちょっと多いです。でも、おなじ会の人が1
1名もいると、とっても楽しい。

この時期はどこの会も新人向けの講習会が多くってルートがかぶるので、気を遣
います。

登ったのは
駒形
・斜陽 5.9
・イグジット 5.9
・ふきのとう 5.10b
・ぼちぼちでんな 5.10b

烏帽子
・太陽がいっぱい5.9
・タイムトンネル5.10a
・サピエンス5.10c
・寄ってらっしゃい5.11a

たくさん登れた人もあんまり登れなかった人もいたけど、まあ、現実は厳しい。
はじめてやってできるようなことはないから。トレーニングあるのみ、です。

また次がんばりましょう。

Written by H

--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/
posted by 泉州太郎 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年06月27日

名張香落渓〜 MC+屏風岩

IMG_0010.JPGIMG_0012.JPG
6月27日(土)晴れのちくもり

私のOPAが廃車になったので、Yさんの車で今週も名張。OKさんとYさん、Hの3人

河鹿橋の駐車場にはすでに2台の車があり、用意してるともう一台。
知り合いの方でした。屏風岩に行かれるとのことで、なんとなんと、あとで合流
しても良いって言ってくれて。超うれしい。


岩場に到着すると、もうすでにガイドさんの4人パーティが到着していて、シン
ドロームに陣取ってた。
聞くとあとで「平和クラック」もトライするとのこと。うーん。

で、1階にある、「バースデイ5.9」「ナーバスレイバック5.9」にトライするこ
とにした。
ワイドやし、のぼったらそれで体が終わっちゃうやろうなあ。がんば!

と思ったけど・・・さくっとはいかず。
「ナーバスレイバック5.9」は2便目、合計4便でRP。
「バースデイ」は1カ所、左足がハーケンに乗った・・・足A0?

そんなこんなでもうリードトライはむりなハートになったので、お言葉に甘えて
屏風岩に移動した。

到着すると、Iさんの「モスラ5.11C」の本日3便目。いやあ、やっぱりすごい。
岩場のスケールも、クライマーのスケールも違った・・・うーん、打ちのめされ
るわあ。


Iさんのトライのあと、トップロープで1回ずつ触らせてもらい、へとへとになっ
て終了。
ちょっと手の届かないグレードのクラックでした。いつの日か登れますように。

あしたはみんなでエボコマです。なんと10名。ひやぁ暑そう。

Written by H

--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/
posted by 泉州太郎 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2009年06月13日

名張 MC

20090613105238.jpg20090613105248.jpg20090613132835.jpg
6月13日(土)晴れのち曇り
今日も名張へ〜先週に引き続て参加のYさんとOさん、Hの3人です。

*ほかのメンバーは『希望の虹』のお掃除に行っておられます。すいません。

さてさて今日の目標はMCの1階にあるルート。ちょっとワイドなのが心配なん
だけど〜と思ってたら予想が的中。

まずはYさんが「シンドローム5.9」をリード。するすると登ってトップロープに。
つづいてOさん。先週より、とってもスムーズになってました。
わたし(H)がリードしようとしたら、名古屋の2人パーティが来られました。
まあ、クラック人口は少ないから、たいてい顔見知りですが、やっぱり瑞浪でお
会いしたことある方々でした。
このお2人がシンドロームと吐息クラックを登られたいとのことで、さっさとH
がリードして、ここは終了。

つぎは「平和クラック5.9」Hがリード。でもやっぱり先週と同じところでテンシ
ョンが入っちゃった。
なんとかトップアウトしてトップロープにした。そのあとYさんが2回、Oさんが
1回登られて、再度リードトライ。
なんと、うそのようにスムースに登れました。うーん・・・1回でおとさなあか
んよなあ。

午後は1階へ。
「ナーバスレイバック5.9」
この長さ(8メートルぐらい)で5.9ってことはなんかあるよな、といってたら案
の定。あと50センチのワイド部分が奮闘的でした。トップロープをかけて1回
ずつ登ったら3人とも(体が)売り切れたので少し早いけど今日は終了としまし
た。

めっちゃ楽しいクラック〜
posted by 泉州太郎 at 21:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 岩登

2009年06月06日

名張 MC

IMG_0025.JPGIMG_0013.JPGIMG_0020.JPG

6月6日 雨のちくもりのち晴れ  Yさん、OKさん、Oさん、Hの4人

ようやく、名張香落渓に行ける日が来た〜 
朝から雨模様でしが、天気予報を信じてやってきました。

香落渓は名張近郊にある青蓮寺湖畔の岩場。
屏風岩、第1岩壁、サニーサイド、MCの4つの岩場がある。
わたしたち超初心者はMCで修行を積んでから、第1→屏風岩と進む(のかな?)

MCの岩場は一日貸し切りでした。
珍しく屏風岩にも誰も来てなくって、第1岩壁に1パーティ、2人のみ。

まずは、「シンドローム5.8」ことのほかハンドサイズのカムが必要だった。
ようけ入れたもんなあ。
トップロープにして、あとの3人に登ってもらう。
「な、たのしいやろ?」「な、たのしいとおもわへん?」
と返事を無理強いするが、反応鈍し。

トップロープのまま、右隣の「吐息クラック 5.10a」を登る。
2回目だけど、前回よりもちょっとがんばれた。
OKさんとOさんは途中敗退。
Yさんはクラックにはじかれながらも何とか完登。

そのあとYさんが「シンドローム」にリードトライ。
なんなく、RPされ、けっこう満足された様子。よかった〜

そして、今日のメインイベント。「平和クラック5.9」
なんとしてもこれを登って帰らねば。
強い気持ちで臨んだけど、そんなに甘くはなかった。
下部でけっこう力使っちゃって、真ん中手前のオフフィンガーのところで、テンション。何度かもがいたけど、だめ。

自分ルール1:テンション(またはフォール)したらそこで必ず降りる。ハングドッグ禁止。

↑このルールを思い出した。いったん降りて仕切り直し。

仕切り直して、もう一度。ぱつぱつだったけど、何とかクリア。
トップロープにして3人にも2回ずつ登ってもらう。
ちょっと調子が出てきたみたい。

すでに5時すぎてしまったので、いそいで撤収。

楽しい1日でした。

頼むからまた来週も名張にして〜

Written by H
posted by 泉州太郎 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 岩登