2010年05月30日

烏帽子でフリークライミング

29日(土)に岩鬼ちゃん、晴雄さん、ユアピー、やまびとの4名で烏帽子に出動。

ebo1.jpg
久しぶりの烏帽子でがんばる晴雄さん

ebo2.jpg
アルパインチームのホープ、ユアピー

ebo3.jpg
今年に入って烏帽子2回目で、やまびと必死

そして、締めくくりは、ど根性の岩鬼ちゃん

先週、落とせなかった課題を今日こそは落としたい!と闘志をメラメラと燃やす。

その課題は「東風吹かば」5.10c

ebo4.jpg
核心部に取りつく岩鬼ちゃん

ebo5.jpg
ムーブができあがった

ebo6.jpg
華麗なジャンプ

ebo7.jpg
見事決まって、核心部を突破し、ゴール目前

いやはや、さすがです。

こうして、心残りだった課題をクリアし、大満足の岩鬼ちゃん。

残りの3名はそれぞれ課題を残し、烏帽子を去りました。

その後、温泉→夕食(生パスタ)→小宴会→テント泊で22時過ぎには爆睡。お疲れ様でした。





posted by 泉州太郎 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩登

2010年05月22日

白雲台

insbong.jpgpegeun hut.jpgpegeunde peak.jpg
IGCです。仕事で韓国に来ています。
今日はお釈迦様の誕生日ということで韓国は祝日で仕事がお休
みでしたので、白雲台(ペギュンデ)という山にハイキングに行
きました。

白雲台は東洋のヨセミテと呼ばれるインスボンの真横にある標
高836mの山で、白雲台からはインスボンがとてもよく観察でき
ます。今日は祝日ということもあって、蟻の行列のような混雑
振りでした。

白雲台へはソウル市の地下鉄4号線でSUYU駅下車、3番出口か
ら出て正面にあるバス停で130番のバスに20分程度乗り、洞仙
寺入口(トソンサイプク)下車、その後人の流れに任せて歩い
ていくと洞仙寺を経由して3〜4時間でピークです。
登山道周辺には巨石がそこかしこに転がっています。季節があ
えばボルダリングもできそうです。(実際、課題もかなりある
そうです)

今日のソウルは綺麗に晴れ渡って、インスボンを登っているク
ライマーもよく見えました。インスボンは何本もルートがある
そうですが、どのルートもクラックが出てくるそうです...


写真は白雲台ピークからのインスボンと白雲山荘です。
posted by 泉州太郎 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年05月17日

鳳来フリークライミング

5月16日(日)快晴 鳳来 ガンコ岩


メンバー:yasuyasu, H、会員外3名


yasuyasuは、約1年半ぶり(!!)のフリークライミング。前回は雪山のあとの椿岩だった。

初めての鳳来、はじめてのガンコ岩。でもナカガイジムでおなじみのmさんや、先日椿岩であった男性もきてらした。

「かんたん5.10a」を登って、「冷たいやつ11a」を一撃、とおもったら、あきませんでした。力不足。

↓かんたんを登るyasuyasu


20100516131415.jpg

2便目はさらに力が出ず、ぐったり。
P5167262.JPG
ビレイやら、知らない人や知ってる人とのおしゃべりで1日がおわった。
でも、はじめてのがんこ岩。
涼しくて山もすがすがしい、いい岩場でした。


posted by 泉州太郎 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年05月16日

春合宿Dパーティ 〜後編 奥穂南稜〜

春の穂高へ 2
team63が次に選んだのは…
岳沢最深部から突き上げる奥穂高岳南稜。
吊尾根〜前穂高岳〜奥明神沢のくるり1周コース。

P5020285.JPG
    (明神U-V峰のコルからの南稜)

日時:2010年5月1日〜4日
メンバー:team63(KKD、NKZ)


5月3日(月) 快晴

6:15 西穂高岳に向かうBパーティとエールを交換して出発。

岳沢小屋で水を補給。おいしい湧き水。
小屋から20分程のところから引いているそう。

トリコニーがきれいに見えてきた。
P5030293.JPG

7:10 取り付き
このルンゼを登っていきます。
P5030294.JPG

樹林帯を登り
P5030296.JPG

岩稜帯を抜けていきます。
P5030299.JPG

そしてトリコニー。
U峰はロープを出して。
続いてV峰へトラバース。
P5030300.JPG

後は、登るのみ。雪もしまってる。(ここは南面)
P5030305.JPG

ぐんぐん高度を上げて。
P5030306.JPG

11:15 南稜の頭
P5030310.JPG

にっこり。
しかし雪が多いなあ。

11:45 奥穂高岳
P5030323.JPG
    (バックにジャンダルム)

剣岳方面も真っ白です。
P5030319.JPG

そしてこれから向かう吊尾根方面。
正面に前穂北尾根。(オホホーイ聞こえた?)
P5030324.JPG

いざ吊尾根。
雪が多くてほとんど尾根伝い。
こっちの方が核心だった。
P5030325.JPG

吊尾根の最後の雪壁にはお助けロングシュリンゲ(5mほど)が。
前穂側から降りる人たちは懸垂下降していた。

15:50 前穂高岳

やっと着いた。
ふり返ってトレースのついた吊尾根を眺める。
P5030330.JPG

さぁ 奥明神沢を岳沢に向けてGO!
P5030335.JPG

17:00 岳沢小屋
お水をいただく。おいしい。

テント場にはもちろんBパーティ!
「ただいま戻りました」

今日のコースが一望。
P5030341.JPG

ふり返ると乗鞍岳。
P5030345.JPG
〈穂高について語り合うKKD&MSM氏〉

いいところです。岳沢。

無事に終えたことに感謝してその夜は反省会。
穏やかな夜。


5月4日(火) 晴れ

未明からBパーティは雪上訓練へ。

7:10 上高地に向けて出発

途中、倒木地帯を通る。
激しいなあ。自然の脅威。

8:15 登山口
P5040350.JPG

遊歩道を通る。
エメラルドグリーンの水に癒される。

8:40 上高地
上高地の水をおみやげに汲みました。

好天に恵まれた4日間。
穂高をふり返りつつバスに乗り込んだのでした。


*おまけ*

帰り道 高山でごほうび飛騨牛ランチ。
100504_1315~0001.jpg

外に出ると、飛騨総社例祭の行列が。
P5040356.JPG

100504_1348~0002.jpg

子どもの獅子舞
100504_1350~0001.jpg

続いてきたもの続いていくものを感じました。


posted by 泉州太郎 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪山

2010年05月15日

春合宿Dパーティ 〜前編 明神岳東稜〜

春の穂高へ…
team63が最初に選んだのは、いつも仰ぎ見ている明神岳東稜。
そそり立つ峰へ挑んできました。

P5010221.JPG

日時:2010年5月1日〜4日
メンバー:team63(KKD・NKZ)


5月1日(土) くもりのち晴れ 

GW初日。上高地は肌寒く山もガスっていて見えない。
天気はそこそこよいという予報。
Bパーティの励ましを胸に出発。
P5010220.JPG

7:25 明神橋 
少しずつガスが切れ、明神岳が現れた。
穂高神社奥宮の方に向かってお祈りする。
P5010222.JPG

すぐに上高地養魚場。ここから下宮川谷に入っていきます。
P5010224.JPG

ルートに注意の宮川のコルへの登り。
雪に残るトレースとマーキングをたどります。
P5010227.JPG

途中で春をみつける。
P5010228.JPG

8:45 宮川のコル
ここで先行者が見えた。
あっ、雪崩が近くを流れている。
ここからひょうたん池までは落石と雪崩に注意。
左斜面に注意しながら登っていきます。
P5010232.JPG

10:10 ひょうたん池
向こう側の景色が見えた。白い峰々…蛇行する梓川…
三本槍もばっちり。
P5010237.JPG

昨夜は吹雪で15cmの積雪があったそう。
ここからいよいよ東稜だ。
P5010238.JPG

すでに雪はグサグサ。そう、ここは東面なのです。
第一階段手前からロープを出して。
ブッシュの雪面と岩を1P〜ヒヤッとしつつ雪壁2P。
斜度はこんな感じ。バックは茶臼尾根?
P5010246.JPG

続く雪壁を
P5010248.JPG

登りきると
P5010251.JPG

らくだのコルがみえた。
P5010254.JPG

15:15 らくだの背のナイフリッジを越えてらくだのコルに到着。
P5010257.JPG

ここが本日の宿泊地。5〜6つ張れるかな。
すごいシチュエーション。みなさんも一度お越しやす。
P5010258.JPG
〈テントはお隣さんのもの。本日3張。〉

風がでるも星空。明日はどんな?


5月2日(日) 快晴

いよいよ本日は核心・バットレス。
気合十分KKDさん。
P5020262.JPG

朝起きると山はガスに包まれていた。
ところが日が差すと快晴!ここは東面でした。

7:05 出発
最初の岩壁は左から巻いて。
続いて核心・バットレス。
お助けひもあり。確実に乗り越えた。
P5020265.JPG
  〈小さくテント場がみえる〉

そこからは雪壁をスタカットで3ピッチ。
最終ピッチのとき、明神主稜の方から声が
「オホホーイ」
あーっ!Bパーティだ!絶対ARNさんだ!
嬉々として返す。「オ ホ ホーーーイ」

9:45 明神岳
P5020272.JPG
               〈バックは前穂〉

さてBパーティはどの辺だろう?
U峰に向けて出発。

U峰はトラバースから岩登り。
NEC_0512.JPG
   『U峰を登るteam63』

*撮影*主稜を登ってこられた神戸FAC-TNKさん 
            (ありがとうございました)

登りきると、そこにBパーティ!
情報交換し健闘を祈りあって、GO!!
P5020279.JPG
〈懸垂下降するHNDさん。左にかすかにMSMさん?〉

U-V峰のコルからは東稜がきれいに見えた。
P5020290.JPG
       〈主峰かららくだの背〉

V峰の下りは念のためロープを出した。

W峰-X峰の主稜線
P5020281.JPG

14:15 X峰
ここから南西尾根に入る。
トレースがついているがしっかりテープを確認していく。

しばらくすると樹林ナイフリッジ岩稜帯。
フィックスロープはあるが、所々凍っているところも。
「木を持ちながら重力に身を任せて」下る。
P5020292.JPG

17:35 岳沢への登山道と合流
『岳沢まで70分』No7の標識があるところにひょっこり出た。
あとは、Bパーティの待つテント場まで登るのみ!

19:05 岳沢小屋下部の樹林帯で「オホホイ!」

無事を喜び合い、今夜は少し賑やかな夜。

明日は奥穂南稜です。
(つづく)




posted by 泉州太郎 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪山